クレジットカード現金化に起こりがちなトラブルとは?

この記事の所要時間: 49

クレジットカード現金化をする時に起こりがちなトラブルがあります。1つは、個人情報の悪用です。特に、この業界はグレーゾーンの業界で、法律的には違法ではないものの、クレジット会社からすれば禁止行為に当たる場合があります。ですが、実際に利用したいというお客さんは後を絶ちません。

それだけ、すぐに現金が欲しいという人が多いという意味で、そのニーズに応える先があれば儲かりますよね。その儲けを狙っただけの人が始めて、お客さんを満足に喜ばせることなくお金だけを取る悪徳業者もいます。その手口の1つが個人情報の悪用で、最悪な場合、カードが不正利用されるケースもあるようです。

悪徳業者の多くは、ヤミ金や反社会勢力と関わりを持っているところです。そのため、個人情報を知られると真っ先に悪用されることは覚悟しておきましょう。なので、そうならないように対策をしておくことが大切。対策としては、悪徳業者を使わないことです。

これは当然のことと言えますが、優良業者を使うことに越したことはありません。悪徳業者を使い個人情報が盗まれたとわかることがあれば、すぐにクレジットカードを停止したり、そのほか悪用される可能性があるものは他人が利用できないようにしましょう。

クレジットカード現金化自体がグレーな業界なので、やはり悪質な業者は卑怯な手口を使ってお金にしようとします。軽い程度ではヤミ金からダイレクトメールが届くようになる程度ですが、そこからエスカレートしないようにすぐに関係を切ってしまうのがオススメです。

他に起こりがちなトラブルといえば、クレジットカード自体が使えなくなる可能性があるということです。これは、クレジットカード会社自体が、現金化をすることを禁止しているので、利用規約に反する行為にあたります。とはいえ、現金化をしている人は多くいるので、周りと同じくしている人もいます。

ですが、それが発覚した場合、クレジットカードが利用できなくなったり、退会せざるをえなくなる可能性もあるので要注意です。もう1つは、詐欺的要素が含まれているということです。というのも、カード会社が禁止している行為。それをカード会社を騙して現金化をするという角度から見れば、詐欺ともいえる行為と言われても、完全に違うとは言い切れない立場になるでしょう。

現在では、そういう形で利用者側が摘発されたケースはないようです。確かに、利用者の数と業者が増えている傾向を見れば、どちらかが大きな詐欺を目的として行っているというより、両者のメリットのために行っているといえます。ただ、それを禁止しているのはカード会社。

ここを見ずして穏便に事を運ぶことは難しいかもしれません。今はそこまで厳しくなくても、今後法律の改正でどのような形になっていくかわかりません。法改正で痛手を負っている企業なども見かけますが、後々のために大きなリスクがあることはやらない方がいいかもしれませんね。

ただ、業者側で逮捕されたケースはあるようです。その手口として、価値がないものを高値で取引をする、お客さんに商品を選ぶ機会がない、他人をカードを業者が利用し決済を行うといったことは、法律でも違法なので取り締まりを受けた業者がいるようです。

現金化自体は違法ではなくグレーゾーンなので、やったからといってすぐに摘発されることはありません。ただ、派手に違法行為をやるともちろん目をつけられます。それは、この業界だけではなくどこでもいえることですよね。また、トラブルのもう1つは、換金率がホームページに記載されているのと違うということです。

換金率には平均的な相場があります。それは、80パーセント前後と言われています。ですが、業者のホームページには90パーセント前後と描かれているところがあります。もちろん、その記載通り換金してくれるところはあるかもしれません。ただ、やはり平均はこれくらいと思っていた方が、優良業者と悪質業者を見分けることができるでしょう。

やはり、この数字を見ても業者の手元に入る手数料の金額は高いと感じる人もいるでしょう。グレーなところですが、やはり即金が欲しい人からすればこの程度の手数料は痛くないと感じるので、つい使ってしまうのでしょう。ただ、実際に手元にお金が入ってきても、それは自分で稼いだお金ではなく借りているお金です。

手元にお金がたくさんあると、それが負債だと気持ちが納得せず、気持ちが大きくなり使い果たしてしまう。それで借金のマイナスのサイクルに陥る人も少なくありません。なので、あくまで現金化したお金は借りているお金なんだということをしっかりと意識しましょう。

そうして意識が出来ると、そもそもそうした行為ばかり繰り返すことはなくなると思います。やはり、手数料で取られてさらに利息でも取られるとなったら、利用者のメリットは小さくなっていきます。こうしたトラブルがあることを頭に入れておくといいでしょう。

現金化即日TOP

クレジット現金化に関する知識 カテゴリ内の関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ