クレジットカード現金化は違法か?

この記事の所要時間: 42

クレジットカード現金化をする人が増えています。急にお金が必要になっても、どこから引き出すお金がない。でもカードを持っている、だから利用しようとする人です。ただ、そうして現金化できたとしても、それが癖になったり、借金ではなくまるで貯金から引き出したような感覚になり、後から来る請求に対応できなくなる人もいます。

例えば、宝くじが当たった人は自己破産する人が多いと聞きます。それは、それだけ大きなお金を扱ったことがなく、稼いだこともないので、使った分かりターンが稼げないことにも繋がっていると思います。もちろん、それをしているのはお客さんなので、業者だけが悪いとは言えません。そうしたニーズがあるのは確かです。ですが、クレジットカード現金化は法律ではギリギリグレーゾーンなので、確実に違法とは言えないようです。

ただ、クレジット協会からすると、それは行ってはいけないと決まっているようです。そして、そういう業者と利用者が増えているので、注意をするにしてもイタチゴッコが続くとも言われています。法律が変わり、現金化を取り締まるようになることなどあれば、現金化の業者がなくなり、利用者もなくなってしまうでしょう。ですが、実際に利用したいという人が多いのが現状。

もし、業者が人からお金をだまし取ろうとするなら、すでに法律に触れる行為になるでしょうが、そういうことでもないようです。ただ、グレーゾーンであることは変わりないようです。クレジットカード現金化のお店では、換金率というものがあります。その率は、85%から95%など、お店によって数字が違いますが、大きく違うところはなさそうです。

これは、名前の通り業者の手数料を引いた額がもらえるということです。ただ、悪徳業者の場合、この数値と実際に手にするお金に差がある場合があるようです。現金化をするのは、あくまで個人責任になりますが、やったのにそんな業者に当たりたくないですよね。なので、多くの人が利用している業者を利用するのは1つ安心なポイントでしょう。実際に業者に電話をしたことがある人の中には、対応が雑で素人がやっているような印象を受けた人もいるみたいです。

自分のお金が関わることなので、多くの人が感じることは「不安」でしょう。なので、口コミで広がったり優良と言われる業者は、対応が良心的なようです。

実際、業者は複数ありその中でもこの業者がいいとされているものもすでにあるようです。また、このお店を使わないほうがいいというのも、ネットを検索すると見つけることができるでしょう。

ただ、現金化は利用者にとってもあまり良くないかもしれません。そういうと、タバコやお酒、そのほかの商品でも体に悪いとわかっていてもやめられないという者もあるため、なんとも言えないかもしれませんが。お金がないから、もしくはお金がすぐ欲しいから、最短5分でお金を手にすることができる感覚は、自分の通帳からお金を引き出しているような感覚になりやすいようです。

引き出して、収入からすぐ返す人なら感覚的に働いたお金を使っているような感覚になるでしょうが、それをずるずると返せず、さらに現金化を続けるとなると、気づいた時には借金がたまってしまう人もいるようです。カードローンも同じですが、すぐに欲しい金額が手に入るのは一長一短があるようですね。特に、自分が扱ったことがない金額を現金化するなどはやめたほうがいいでしょう。

収入に応じてクレジットカードの限度額が決まるところがほとんどなので、そうした心配はいらないかもしれません。ただ、例えばまとめて大きなお金を現金化してしまい、一気に返せなかったりすると、借りてるお金が残ります。

そして、現金化をする気持ち良さを覚えると、まだ返していないお金が残っているのに借りる、その繰り返しをすると、借りてるお金の方が増えるのは目に見えているでしょう。なので、そうしたことがわかっている人が利用する方が、自身でコントロールできるかもしれません。また、法律的にグレーであり、クレジット協会では禁止をしていることなので、実際にやるかどうかもグレーになってきます。

ただ、利用したいという人が多く、これからも増える見込みがあるため、よりクリーンな形になれば安心して利用することができますよね。また、クレジットカード現金化には2つのパターンがあると言われています。1つは、ショッピング枠を利用し業者が指定する商品を買い、キャッシュバックを受けるような形。もう1つは、ショッピング枠で商品を購入させて、それを業者が指定する割合で買い取るといった形です。

後者の方では、実際に警察に逮捕される業者も出てきているようです。ショッピングを装ったお金の貸付とされ、逮捕されたケースがあり、そうしたことには関わらないようにしましょう。

現金化即日TOP

クレジット現金化に関する知識 カテゴリ内の関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ