必須の基礎知識!カード現金化は業者と自分でするのとどっちがいい?

この記事の所要時間: 430

カード現金化のメリットとデメリット

このサイトでは、カード現金化を行う業者や、それを自分でする方法についてご紹介してきましたが、結局のところ、どちらの方法で現金化をするのが良いのでしょうか。それを判断する前に、まずはそれぞれのメリットとデメリットについてまとめてみます。

業者のメリットとデメリット

業者を利用するメリットは、何よりもその日のうちに現金を手に入れられるということです。即日振込だと還元率が下がってしまうことが多いのですが、それでもその日のうちにまとまった額を手に入れられるというメリットは、利用者にとって非常に大きいと言えるでしょう。ショッピング枠に空きがあれば、それこそ70万、80万といった大金をその日のうちに得ることができるのです。

たとえばあなたが複数の会社から借金をしているとして、それをカード現金化によって得たお金で一括返済すれば、借金の返済先を一本にまとめることができます。そのほうが返済が楽なのは言うまでもないことですから、多重債務に苦しんでいる方には、カード現金化は、その状況を打開するひとつの策だといえるでしょう。

逆にデメリットは、業者にかなりの割合の手数料を持っていかれるということですね。業者が提示している換金率は多くの場合「最大値」であり、実質的な換金率は80%未満になることがほとんどです。年利18%というのと、現金化1回で20~30%の手数料を持っていかれるというのでは、長期的にみれば後者のほうが負担は大きくなるわけです。それに現金化を行ったあとは、カード会社への利息つきの返済が待っていますからね。

トップページには「カード現金化は最終手段」と書いておりますが、そう言った理由はここにあるわけです。

自分でするメリットとデメリット

これに対して、自分でカード現金化を行うメリットとデメリットは、高い換金率、還元率を実現できるということです。せどりの方法については別の記事に詳しく書きましたが、やり方を間違えなければ、90%以上の還元率も夢ではありません。すべてを自分で行うので、手数料もかかりませんし、業者にお願いするよりも、金銭面でのメリットは大きいと言えるでしょう。

しかしデメリットもあります。それは即日現金を受け取るのが難しいということです。高値で売れるものと、それを高値で買い取ってくれる店、これを1日で見つけて売買をするというのは、非常に難しいことです。もしできたとしても、その額は小さく、業者に依頼したときのように70万80万といった大金をその日のうちに手にすることは不可能でしょう。

業者と自分どっちがいいの?

以上見てきたように、業者に依頼するのと、自分で現金化をするのとには、それぞれメリットとデメリットがあります。しかしこのページを読んでおられる方は、おそらく切迫した状況にあるのでしょう。消費者金融から借りることもできない、でもすぐに現金を手に入れないと困る。そういった観点つまり即日現金を得るという観点からいえば、業者を使ったほうが良いということになります。

逆にあなたが特別お金に困っていない、あるいはお金が必要になるまでにそれなりに期間があるというのであれば、自分でカード現金化を行ったほうが良いということになりますね。自分でとりあえずやってみて、ダメだったら、そのお金が必要になる日の直前に業者に頼めばいいだけですから。

優良店なら土日でも即日可能?

さて、カード現金化のメリットやデメリットについてみてきましたが、ひとつ覚えておいてほしいことは、業者の「即日振込」というのは、基本的に平日の15時までに申請した場合のみ、ということです。たとえば土日祝日や、平日であっても15時以降に申請をした場合、銀行が閉まっているわけですから、その振込みは翌営業日扱いとなってしまうんですね。こればかりはカード現金化業者にはどうすることもできません。

ですので、その日のうちに現金を得たいと思ったら、平日の15時までに申し込みをすることです。ゴールデンウィークやお盆、年末年始などを見据えて、前々から計画を立てておきましょう。

ただし、この平日15時までというのは、あくまで原則であります。つまり例外もあるんですね。というのは、その業者によっては、ネット銀行や提携先の銀行であれば、土日祝日でも振り込み可能となっていることがあるのです。ジャパンネット銀行や楽天銀行など、ネット上で取引可能な銀行については、平日の15時以降、あるいは土日祝日でも振り込みしてもらえる可能性があります。今のうちに口座を作っておいても損はないと思いますね。

そしてそのようにネット銀行への土日祝日振り込みが可能とされている業者は、高確率で優良店です。それだけ顧客のニーズに応えようと努力しているわけですからね。

カード現金化業者は、その実質的な換金率の低さから、悪質などと言われることもありますが、その指摘は当たりません。なぜなら業界内ではそれが当たり前であり、クレジットカードの現金化は「そういうもの」だからです。納得がいかなければ利用しなければいいだけのことなんですよね。

その実質的な換金率は、土日祝振り込み可となっているような優良店では、他社に比べ4、5%くらいは高いことが見込まれます。会社選びのひとつの基準としてよいでしょう。

現金化即日TOP

クレジット現金化に関する知識 カテゴリ内の関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ