今すぐお申込み!おすすめランキング
  • 換金率98%!
  • 嬉しい出張サービス!
  • お客様評価 ★★★★★
あんしんクレジット
換金率・利用者数・ユーザー満足度NO.1!現金化をご検討なら信頼と実績のあんしんクレジットがオススメです♪
土日・祝日営業で来店不要、スピード審査で即日あなたの口座にお振込みします!リボ分割払い対応☆
  • 最短5分
  • 土日OK
  • 祝日OK
  • 女性おすすめ
  • 初心者
  • 即日振込
  • 還元率98%!
  • お気軽に無料相談
  • お客様評価 ★★★★
ひまわりギフト
他店で断られてもひまわりギフトならきっとお役に立てます!即日融資、高換金率をモットーに口コミで人気上昇中☆
ネットバンク口座なら土日・祝日でも即日融資OK!少額のご融資もお気軽にお問合せ下さい♪毎月15日は還元率3%UP!
  • 最短5分
  • 土日OK
  • 祝日OK
  • 初心者
  • 即日振込
  • 換金率87%~94%!
  • 初心者や女性におすすめ
  • お客様評価 ★★★★
スマイルギフト
女性スタッフによる丁寧な対応で注目度急上昇のスマイルギフト!急な出費や支払いを一本化したいお客様のお力添えになるべく、土日も休まず営業中♪
もちろん全国対応のご来店不要手続きOK!まずはお話だけでもお聞かせください☆
  • 土日OK
  • 祝日OK
  • 女性おすすめ
  • 初心者
  • 女性スタッフ

急な出費も大丈夫!カード残高を現金化する方法

この記事の所要時間: 1045


みなさんはクレジットカードを現金化できることをご存知でしょうか。これはクレジットカードを売るというのではなく、それに付帯しているショッピング枠(の残高)を現金に換えるというものです。たとえばあなたのクレジットカードの残高が、残り5万円あったとします。クレジット現金化をすると、その5万円を現金に換えることができるわけですね。

ただしその残高の全額を手に入れられるわけではありません。クレジットカードを現金化する方法は、自分でするのと、業者にお願いするのと2つありますが、どちらにせよ手間とお金がかかるので、残高の80%、多くて90%くらいしか換金することができないのです。ただしショッピングにしか使えないものが現金になるのですから、大きなメリットがあると言えるでしょう。

それでは、クレジットカード現金化はどのようにして行うのでしょうか?

クレジットカード現金化の仕組みや方法は?

クレジットカードを現金化する方法は2つあります。以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

自分でクレジット現金化をする

まずは自分で行う方法について。そのやり方は簡単で、自分で何かを買ってそれを売ればいいんですね。たとえばゲームソフト等の販売店がセールを行っていたとします。商品棚に並べられたソフトの中に、貴重で高価な作品が置いてあったとしましょう。セール中ですので、本来の値段は1万円のものが、8000円とか9000円になっていたりする。ここでは9000円と考えましょう。

そのゲームソフトはそれなりに貴重な物ですので、売却すれば7000円の値がつきます。あなたはそのゲームソフトをクレジットカードで購入し、そのまま売却するのです。すると、クレジットカードには9000円の品の購入履歴が残りますが、手元にはソフトの売却で得た7000円が残ります。これがクレジットカードの現金化です。

ゲームソフトだけでなく、本や金券、CDやDVD、ゲームハードや楽器などでも同じことができるでしょう。高価のものを買って、高値で売り飛ばす。こうすることでクレジットカードの残高を現金化することができるのです。

また、もしそれらの品々に詳しくなれば、もしかすると利益を出すこともできるかもしれません。たとえば貴重なゲームソフトが、通常の値の半額で売られていたとします。ここでは元値が1万円、現在の価格が5000円と考えましょう。そのゲームソフトはネット等で売れば7000円くらいの値がつきます。あなたはそのソフトをクレジットカードで購入し、売却するのです。するとクレジットカードには5000円の購入履歴が残りますが、手元には7000円が残りますので、2000円の利益となります。

クレジットカード現金化の原理はこのように「買って、売る」ですので、覚えておきましょう。以下に紹介する業者を利用するのでも、基本的にその仕組みは変わりません。

業者にお願いする

クレジットカード現金化を行っている業者に頼めば、その日のうちに現金を手にすることも可能です。自分で現金化をするよりも手間がかからないというのが業者を利用するメリットですね。必要な情報を相手方に伝えて待っているだけでお金が手に入ります。自分で売り買いの作業をする必要はないのです。

ただしクレジットカードの情報を預けて、売買をすべてやってくれるような業者に頼む場合、自分のクレジットカードの番号を教えなければなりません。そのことに大きなリスクが伴うことは言うまでもありませんので、どういった業者を利用するかはよく考えたほうがよいでしょう。

私のおすすめは、買取のみを行っている業者を利用することですね。クレジットカード現金化を直接に謳っていなくとも、たとえばアマゾンチケットなどのネットで使える金券を買い取りしている業者はあります。そういったところにお願いすれば、チケットを買ってもらうだけなので、クレジットカードの情報を教える必要もなく安全です。それにネットで売買ができるというのがいいですね。できれば買取のみの業者を使ったほうが、私は良いと思います。

ただし、どんな業者を利用するにしろ、そういった業者を通すと手数料が引かれますので、還元率は低くなってしまいます。これは価値あるものをなるべく高く売る、というものではなく、規定のパーセンテージに照らして現金化を行うというものですから、ほとんどの場合換金率は80%くらいになり、下がることはあっても、そこから上がることはありません。

たとえば10万円分のクレジット現金化を行うとします。業者は現金化を行い、8万円をあなたに支払います。差額は2万円ですが、これが非常に大きいのです。

消費者金融からお金を借りた場合、利息は年18%くらい。つまり10万円の借金は、返済のことを考えなければ、1年で11万8千円となります。増えた額は1万8千円ですが、実際には毎月返済していくわけですから、これよりも安くなるのです。10万円を手に入れようとしたとき、現金化1回で2万円とられるクレジット現金化と、1年経っても利息は2万円以下の借金と、どちらが良いか、よく考えたほうがいいでしょうね。

クレジットカード現金化は違法?


さて、クレジットカードの現金化について述べてきましたが、そもそもこれは合法なのでしょうか。クレジットカードに付帯している「ショッピング枠」というのは、あくまで買い物に使うものであって、現金化することが許容されているのか怪しいものだと感じる方も多いと思います。それは鋭い指摘です。なぜなら、クレジットカード現金化は限りなく黒に近いグレーだとされているからです。

2011年にクレジットカード現金化を行っていた業者が捕まり、裁判で有罪判決を受けてからは、やはり違法だとする見方が有力のようです。そのため最近では、クレジット現金化を謳うというよりも、そのクレジットカードで購入した品を買い取りするというスタンスで営業している会社が多いですね。現状は、クレジットカードを現金化する行為は、違法と言ってよいでしょう。

しかし有罪判決を受けたのはそれを専門に行う業者です。他人からクレジットカードの情報を預かって現金化を行う専門の業者なのです。それを利用する消費者はどうなのかというと、今のところは問題になっていないみたいですね。倫理上の問題はあるかもしれませんが、法的にどうのというわけではないようです。それに個人的に売買をするのはその人の自由ですし、それを禁ずると中古産業が一切成り立たなくなるわけですから、今後規制されることもないと思います。

ただし、クレジットカードの現金化は、クレジットカードの会員規約によって禁止されています。ですので、現金化を行い、それが露見した場合、クレジットカードが停止されるなどの制裁が加えられる可能性が高いです。というか、ばれたら一発で停められてしまいます。

たとえば何万円もする新幹線のチケットを何枚も購入していれば、カード会社に怪しまれ、それだけで停められるということもあるのです。ちょっと神経質だなと思われるかもしれませんが、そうやって目を光らせておかないといけないくらい、クレジットカードの現金化を行う人が多いんですね。ですので、現金化を行う際には、あまり露骨にやりすぎないことが大事です。高額な商品を短期間にばんばん買っていると、怪しまれてしまいますからね。

クレジット現金化はお得ではない?安易に利用すべきでない理由とは?

クレジット現金化は、クレジットカードを持っていて、ショッピング枠に一定以上の空きがあればどなたでも利用することが可能です。審査なしで利用できますから、いち早く現金を手にしたいという方にとっては便利であるといえます。

しかしそのクレジット現金化は、決してお得ではないということをご存知でしょうか。クレジット現金化業者のサイトを見ると、換金率表が掲載されていますが、その換金率というのはほとんどの場合「誇大広告」なんですね。実際にはそのパーセンテージに届かない割合で現金化を行っているのにも関わらず、実際以上の割合を換金率として表記しているわけです。最高98%、なんて謳っていても、実質的な換金率は70%前後になることがほとんどなんですね。

どうしてそのような誇大広告をするのかというと、それが業界の雰囲気というか、他の会社もやっているから、注目してもらうには自分たちも誇大広告気味に高換金率を謳わなければいけないといった具合に、仕方なくそうしている部分が大きいといえます。利用者はどうしても、高い換金率を謳っている会社に惹かれてしまいますからね。広告の方法については、仕方のない面もあるのです。

実質的な換金率が、先述のように70%前後だとすれば、7万円を手に入れるには10万円ぶんのショッピング枠を使わなければいけないことになります。その時点で3万円、余計に支払わなければいけないのですから、これはキャッシングをするよりも手数料負担が大きいといえます。

10万円の買い物をして7万円を受け取るとすると、業者に持っていかれる手数料は30%で、しかもそのあとはカード会社への利息も払っていかなければいけないので、年利18%のキャッシングと比べると、クレジット現金化の利息や手数料負担は非常に大きいといえるのです。

クレジット現金化はできるだけ避けるべき?

以上のことから、クレジット現金化はなるべく避けるべきだといえます。手数料や利息を多く支払いたいという方はいないと思いますので、もし可能であれば、キャッシング等を利用したほうがいいのです。その他にも、手持ちの本やゲームソフトを売るなど、現金を取得する方法は色々とあるはずです。

キャッシングは審査が厳しいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今はリボ払いなど低所得の方でも計画的に返済をしていけるシステムがありますし、昔に比べれば審査は緩いといえます。アルバイトをしていれば大体は審査に通るでしょうし、20万~30万円くらいのお金であればすぐに用意できます。

クレジット現金化は「即日振込」を売りとしていますが、それはキャッシングも同じです。いくら借りたいといえば、指定の口座にお金を振り込んでくれるんですね。振込時間は銀行の営業時間に依拠するので、これも基本的には、キャッシングもクレジット現金化も同じです。ただしクレジット現金化業者には、ネットバンクなら24時間振込可としているところもありますので、その点は留意しておくとよいでしょう。

カード会社に目をつけられる可能性も?


また、クレジット現金化にはもうひとつデメリットがあります。それはカード会社に目をつけられる可能性があるということです。クレジット現金化は、確かに法に触れるものではありませんが、しかし現金化目的でのカード使用を、各クレジットカード会社は禁止しています。現金化を行う場合は、つまりそれらカード会社にばれないようにそれを行うわけで、本来後ろめたい行為であるわけですね。

もちろん現金化していることが露見するようなケースはさほど多くはないのですが、しかしあまりに頻繁にカードで買い物をしたり、あるいは今までの利用状況からいって考えられないほど高額なものを買ったりすると、カード会社に目をつけられる可能性があり、もしそれが現金化目的での使用だとばれてしまうと、カードを停止されてしまう恐れがあります。

たとえばクレジット現金化を複数回、頻繁に行ったり、あるいは何十万といった額を申請したりすると、現金化を行っていることがばれてしまう可能性があるのです。普段の自分のカードの利用状況や、買い物に利用したときの決済額平均がどの程度かを考えて現金化申請をすることが重要となります。現金化がばれてしまうと、カードが停止されるのはもちろん、ブラックリストに掲載され、新たにカードを作ったりすることができなくなる可能性もありますから、充分に注意しなければなりません。

普通にお金を借りるよりも利息や手数料の負担が大きくなってしまうクレジット現金化ですが、デメリットはそれだけではないんですね。ですから、クレジット現金化は確かに手軽に利用できますが、そうする前に、自分の持ち物を売ったり、キャッシングを申請したりして、できることはやっておいたほうが良いでしょう。クレジット現金化はあくまでも最終手段であり、安易に飛びつくようなものではないのです。

以上、クレカの現金化についてみてきました。個人的には、現金化を行う前に、まずは消費者金融を頼ってみるなどしたほうがいいと思います。なぜならそのほうが、あなたの負担が少なくなるからです。もしそれでもダメだった、どうしても現金が必要なのに手に入らない、そういうときの最終手段と考えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ